気づいたその日が吉日

気づいたその日が吉日

上昇伝道師 甲斐勇輔です。

開業・引越しだとか、新しく習い事を始めるだとか「いつからやろうかな?」と考えたことはありませんか。
普段のルーティーンの中にないことを始めるときというのはどんなタイミングなのでしょうか。

 

思い立ったら吉日

何かを始めようと思うこと。
自分の人生に新しく何かを加えようとすること。

これはいつでも気づいたときがチャンスです。それまで知らなかったことですから、始めることが遅すぎるということはありません。

しかしながら目標(目的地)を定めていないと無駄に彷徨ってしまいます。

「思い立ったら吉日」

いきなり動くのではなく「気づいたときにすぐ計画を立てる」ことでスムーズに事を成すことできます。

PDCAサイクルを繰返すことで物事が進みますが

一番最初のP(Plan)を計画しなければ、いつまでたっても前に進めません。

 

期日から計画をたてる方法

「旅行に行く」「貯金をする」などの計画をたてるとき何を条件として計画をしますか?

休日をピックアップ
今ある貯金額
今月のお給料

というような制限事項が最初に頭に受かんでくる方は明らかに貧乏脳です。
もちろん現実として制限があるのですからきちんと把握しておかねばなりません。

ですが、「お金があったら・休みが取れれば」といったタラレバを掲げているうちは、これまでの生活と同様の計画をたてることしかできません。

では

「自由になったら考えます」
というタラレバ思考の無計画者

「50万円貯金できたら旅行にいきたい」
というような目標をもった計画者

「3/31には自由に旅行にいける自分になりたい」
というような目標をもった計画者

誰が一番着実に計画を成し遂げられるでしょうか?

P(計画)だけを評価するならば、
人類全てに平等にもっている86,400秒/日を制限事項として計画することが、明確にPDCAサイクルをこなしやすい方法となります。

 

 

2021年、最初の新月は1月13日

会社にお勤めの方は、日報・週報・月報というような書類や、勤怠管理表(出勤簿)タイムカードなど、時間と成果を把握するものをよく目にしていることでしょう。

それは会社の計画です。

 

自分の人生は自分だけが計画できます。

私の場合PDCAのサイクルを新月・下弦半月・満月・上弦半月のサイクルに当てはめてこなすことが多いです。おおよそ4週間のPDCAサイクルとなります。

 

普段の生活で、月の満ち欠けだとか、暦だとかを意識して生活している方は少ないかもしれません。

ですが、

目に見えるもの(視覚で感じることができるもの)よりも目に見えない事柄のほうが何万倍も多いことに気づかれた方は、

暦だとか帝王学だとか、いろいろなことを新しく取り入れて自らの人生に役立てることができますね。

1月13日(水) 14:01はやぎ座の新月です。

気になった方は「思い立ったら吉日」です。
とっとと調べてみましょう♪

計画をたてて、そのスタート日がやぎ座の新月であれば、きっとコントロールもしやすいでしょう。

 

 

2021年の吉日(開運日)

私は星読みや暦をしっかり勉強している人ではありませんが、自分にとってプラスになるので情報は獲得しています。

今年の大きな吉日としては次の三つをあげます。

3月31日 天赦日+一粒万倍日+寅の日
1月16日 天赦日+一粒万倍日+天恩日
6月15日 天赦日+一粒万倍日+神吉日

私の計画(目標)はこんな感じです。

1月16日 かねてからの夢であったガレージハウスで新しい人生
3月31日 100%自分の自由にお金・時間を使う新しい人生
6月15日 縁あって繋がった方を自由にする新しい人生

ゴール(目標)は即ち新しいスタートです。

やりとげる力(GRIT)も出逢った人達との縁のおかげと思っています。

開運日はこれから共に成長する大切な人と過ごそうと思います。

 

 

 

上昇学で楽しい人生を!!

CTA-IMAGE 最新お得情報はセキュリティ面を考慮して、招待制チャットアプリ「WowApp」からお知らせをいたします。 (ID・☎・✉は変更不可です。 Gmailを使いましょう)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。