今の仕事に保障されるもの

今の仕事に保障されるもの

こんばんは、メロン🍈です♪

 

今日は、次男が久しぶりに帰って来て
いろんな話を聞いていました。

 

泣き虫だった次男も
もう、25歳…

 

3人兄弟の末っ子です。

 

思えば、次男の小さい頃の記憶があまりありません。

 

立て続けの妊娠に嘱託社員の枠をどうしても守りたくて
産休しか休まず、高い保育料を払い…
今考えると、よく働きました。

 

我慢して我慢して、、、
仕事していれば、一定の保障がある。

 

そう、少ない給料と保障のために、
子どもの病気で気を使いながら
何度も謝って休ませてもらった記憶があります。

 

地道にコツコツ
そして、手厚い保障

 

日本人が大好きな言葉ではないでしょうか?

 

昔は、この「手厚い保障」に
かなりの魅力を感じていました。

 

今のこの環境に出会えていたら…
もっと子どもたちとの時間を大事にできただろうな…

 

現在、がんばってお勤めされている主婦のみなさんも
今、気付けば、もっと自由に子育てできる。
このチャンスを知ってほしい。

 

SHOWGOさんのブログにあった
「自分以上に働いてもらえる仕組み」こそ
自分にとっての大きな保障になるものだと思います。

 

まずは、頑張るお母さんに
知ってほしい。

 

一生懸命仕事する時代は、終わったんですよ。

 

上昇学で楽しい人生を!!

最新お得情報はセキュリティ面を考慮して、招待制チャットアプリ「WowApp」からお知らせをいたします。 (ID・☎・✉は変更不可です。 Gmailを使いましょう)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。