誰に遠慮をしているのでしょうか

誰に遠慮をしているのでしょうか

上昇伝道師 甲斐勇輔です。

 

標準の生活ってどれくらいでしょうか?

月収40万円? 月収445万円? 月収1000万円?

そもそも、月収で、生活の基準を見定められるものでしょうか?

 

 

本日のお題です

「基準値をあげる」

基準値ってなんでしょうか?

30秒だけ、ちょっと、考えてみてください。

 

 

 

 

(間奏 30秒)

 

 

 

 

 

基準値をあげる

基準値ってなんでしょうか?

 

『夕食の予算』

『どんな家に住んでるか』

『収入の金額』

 

だとか

 

『年に何回海外旅行に行けるか』

『年間休日日数』

 

だとか

 

『ハンバーグかステーキか』

『アイスはハーゲンダッツ!!』

 

だとか

 

 

 

何かしらの判断基準を考えると『基準値』というのは

今の自分自身が決めていると思いませんか?

 

多くの方が『自分の場合は、、、』ということで想像したことでしょう。

 

基準値を考えたときに

『自由になるお金』をものさしとして判断しませんでしたか?

 

判断基準の『お金』による影響がものすごく大きいと言えます。

 

これ、

『お金』の呪縛から、解放されていない

ということです。

 

 

まもなく終わりを告げようとしている「資本主義社会」

ここで生きていくには、どうしても「お金」が必要です。

それゆえに「自由になるお金」をものさしにしてしまいがちですね。

 

 

ちなみに、上昇伝道師のこれまでの基準値

$1,000の運用資産を
3ヶ月弱で$35,000
にするくらいです。

3ヶ月で35倍なんて、、、、、

ものすごーーーーーく

 

ちっぽけです

 

お勤めしなくても、生活できる。
それくらいの次元です。

 

 

マズロー:欲求階層説

 

 

今の自分の状況・環境って居心地がいいんです。

だから、そのままでいようとする。

基準値が「今の自分」である限り

大きく「人生キリカエ」できるはずがありません。

 

 

ところが

 

 

そのコンフォートゾーンを突き破り、

無理やりでも

『自分より基準値の高い人たちとツルム』

これだけで「人生キリカエ」可能です。

 

 

 

 

でも、選ぶのは、アナタ!!!

すきにしてください♪

 

 

 

上昇学を学んでいると

 

『お金の呪縛』に気づく

『経済的自由とは何か』に気づく

『経済的自由になる方法』に気づく

 

何を成すべきかがわかれば

『するべきこと』を知る

『するべきこと』をする

 

ものさしが、『お金』から『時間』に変わります。

 

経済的自由を得て

時間的自由を得て

さらに、その先へ♪

 

 

 

自分の人生です。

生物として生命を維持しているだけで満足ですか?

誰に遠慮をしているのでしょうか?

 

 

 

 

 

上昇学で楽しい人生を!!

最新お得情報はセキュリティ面を考慮して、招待制チャットアプリ「WowApp」からお知らせをいたします。 (ID・☎・✉は変更不可です。 Gmailを使いましょう)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。